水仙と蝋梅文の塩瀬の名古屋帯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × four =